| CALENDAR  ENTRY  COMMENT  CATEGORY  ARCHIVE  PROFILE  LINKS 
□今やかの地は新生し、蒼天の空へと冒険は広がり、君たちの冒険はさらに続いていく□

 

新生して3度目の誕生日を迎えたエオルゼア

絶賛新生祭開催中でありますガッ

とりあえず去年はどんなのだったっけと思い出し出し・・・・・

 

 

昔、エオルゼアには重大な危機が迫っていたこと

それは驕りや慢心、虚栄心などからくる重大な危機で

運営自身が撒いてしまったものだったこと

そして対話することから再出発し、

エオルゼアを一度破壊して再創造するという

本当に、本当にありえない計画を打ち立てたこと

いやはや、懐かしいったらたらたら・・・・・

今年もまた、心がぎゅぎゅぎゅぎゅっと掴まれるような

そんな切ないイベントが見られるのかしらかしらと楽しみなのでありました。

(今回の新生祭、まげたる未体験)

 

□疾風の格闘士□

 

アバラシア雲海の湖にて

巨大生物と戦う、武闘派のmy嫁さまの姿を激写いたしたのでありました。

 

 

ここは本当に、水の描写が美しく・・・・・

それに加えて、空の蒼+木々の緑+色鮮やかな植物

そんな、多種多様の色合いを見せてくれる

とてもとても興味深い土地だったり。

そんな場所で戦い続ける美しいmy嫁を

一番近い場所で、思う存分に眺め続けたまげたるなのでした。

 

PV「文学少年の憂鬱」-Lyu:Lyu-

 

□その魅力について思う存分考えてみた□

 

エレゼンという種族はですね

◎背が高い

◎首が長い

◎ひょろっとしている

◎首が長い

◎手足が長い

◎首が長い

全体的に見て、こんなかんじでしょうか?

だがそこがイイっていうかですね

イイんですよ大好きなんですよッッ!!!

お御足も↑この通り↑すらっと美しく。品のある造形美を醸し出し

思わず頬ずりしたくなるような逸品に

そしてそしてこの涼しげな顔立ち、コレ!素晴らしいんだったら!!

この脇肉・二の腕のリアルな感じ・・・・ふぅぅぅぅ

どこをとっても申し分のない種族-エレゼン-

次に遊ぶのなら、絶対エレゼン♀を選びたいと思っているまげたるなのでした。

 

□正直「ミラプリしづらい&あんまかっこよくない」なんて思っておりました(反省)□

 

レアFATEのひとつ『クァールレギナ』

こちらを倒す炉もらえる、クァールレギナの枝角を集めると

 

クァールレギナフェドラ(頭)-クァールレギナの枝角×6-

クァールレギナスペンサー(胴)-クァールレギナの枝角×6-

 

このふたつが交換交換できるわけでして。

どちらも、とてもとても派手派手しいパンサー柄!

しかも染色不可!!

うーぬぬぬうーぬぬうーぬうぬ・・・・・

なんだか、あまり、触手が動かなかったのですけれどんも凹凹凹

しかししかししかーーしッ

↑アウラ♂さまが着るとこの通り↑

しかもクァールビーチショーツを合わせることで

全体的にまとまりのある仕上がりに?!?

ポールダンスでも踊り始めそうな装いに

これはこれであり、と思い始めたまげたるなのでした。

 

PV「Bake no kawa」-CIVILIAN-

□一寸一服□

 

某刀ゲームの景趣のように

四季折々の庭に変化するようなコマンドが欲し・・・・くないですかぃ???

はたまた、春には花を咲かせ、夏には葉が生い茂り

秋には紅葉し、そして冬には落葉

そんな調度品を激しく希望しまくりなのですガガガガッ

三国だって、イベントの度に街の装い変わるではないですかーーー?!?

それならば、個々のハウジングにも適用する・しないボタンとか

作れませんか?作れませんのか?!

無理なんですかねええええええ?!?!?

 

 

 

_l ̄l● ハァハァハァハァハァ.......

 

 

 

もうすぐアパートメントシステムも実装されるとのこと

そちらは50万ギル程度で購入可能とかとかとか

それならば、てわけではありませんが

庭付きハウジングのテコ入れも、ぜひ、ぜひ、ぜひご検討のほどぉぉぉッッ

 

 

PV「NIPPON」-椎名林檎-

□これより裁きを下す……心せよ!□

 

あの厳ついじぃーさんが、ミニオンになるとどうなるのか・・・・・

まさか、まさかこんな可愛らしくデフォルメされるなんて

思ってもいなかったのでありますよーよーよー?!

・・・・とはいっても

目は血走ってる&デコはテカテカ状態でありますガッ。

器用にヒゲを使って杖を振り回すその様は

なんといいますか、愛らしいのです、はい。

□避け得ぬ痛みに、立ち向かうか、背を向けるか……。己の生き様を選択するがいい!□

 

ちょっとした手違いというか、事故といいますか

フルアラ揃っていないのに突っ込んだ方がいらさりましてててて。

よーし!

どうせ死ぬなら、全力で特攻するぞー!^^^^^とばかりに

その場にいた全員でエイエイオーーーッッッ

・・・・まあ、その後さくっと倒されて

SS撮影タイムが始まったわけなのですけど_l ̄l.......●

死体カメラを使って煽り気味に眺めておりましたらば

カロフィステリさんの美しい爪に思わず魅入ってしまったわけでして

ペディキュアもきっちりと、紅く塗られておりますのねえ

いつもはひたすら逃げまわってるまげたる

こうしてしっかり拝見するのは、今回が初めて

いやはや、良い物を見させていただきました!

つーかまじで変なとこ凝ってますなエオルゼア・・・・・・

 

PV「Strike」-WHITE ASH-

 

| 1/398 | >>